犬の戯言
気ままに書いていきます自己満日記。できるだけ、絵、描くようにしてます…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/10/31(日)   CATEGORY: 日々
そうだ、お菓子をもらおう

どーも、団扇だつえぴ。

今日は世間ではあれだね、トリックオアトリートのハロウィンだね。
正確にはハロウィーンだね。ジャック愛してる。

そんなわけでトリックオアトリートしにばぁちゃんちに突撃しようかと
思ったわけですな。

仮装と言ったらあれだろ、前バレー大会の時にしたアリス、もしくは
例大祭の時にした鍵山嬢のコスで行くしかないなと思ってたんだけど
冷静に考えたらそんな格好で道歩いてたら近所のみなさんについに団扇さんは
救いがないところまでいっちゃったのねと思われそうなのでやめました。


そんなこと考えてたら貴重な休みが終わってたという今までで最も不充実な
ハロウィンになったのであった\(^o^)/



さて、今回は何にもオチとかなく画像ね。
本家にも更新したけど鍵山嬢。
なんか絵を描いたのが久々な気がしてならないんだが(´、ゝ`)プッ
そしてまたしばらく描けそうにない気がする(´、ゝ`)プッ
ピクシブのほうで年賀企画が集まってるのでなんとしてもそっちの絵は
描き切らないとということで年賀状優先させるわ(´、ゝ`)プッ


厄いわ


さぁーて、続きはコメ返しー








ランキング1日1回クリックよろしゅう。
つづきを表示
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2010/10/30(土)   CATEGORY: 講座
⑨でもわかる(くらいに説明できたらいいなっていう)趣味的痛ヘッドホンの作り方講座 其の六

どーも、団扇なのざふめ。

なんか台風とかで世間は騒いでますが、相変わらず
あたいは16時間睡眠してました。

そういえばこれまた関係ないけどAKBの騒いでるあのオリジナルの方のPV、
見たけどそこまで規制って騒ぐほどじゃないと思うの。
ただグロいってわけじゃなくてちゃんと命についてメッセージ性を込めての
PVなんだし、そういうのを規制しちゃうから逆に命について
深く考えないようになっちゃうんじゃないかと思ったり。
まぁ顔真っ二つとか腕切断って言っても大してグロくなかったから
余計にそう思ったのかもしれんわw


まぁそんなことは置いといて本題行きましょうか。
さてさて、ヘッドホン講座ももう最終章です。

今回はなんかよく分からないこの部分の作成です。何なのかしらね…?

これは針金で作っていきましょう。
ミクの色だったら太めのシルバーのと細めのグリーンを
準備してあると思うのですが自分、グリーン売ってなかったので
ピンクで作っちゃったのよね…(´・ω・`)

まぁそんなのは置いといて、シルバーの針金をヘッドホンのサイドの外周に
沿って合わせていって大まかな大きさを形作ってニッパーで切りましょう。
それを同じくらいの長さでもう1個作ります。
大まかな形が出来たら細い針金をあの部分にくるくると巻きつけます。
外に見える部分以外はくるくるしなくていいです。

そんで細いほうも太いほうもヘッドホンにくっつけたら
先端は危ないのでこうくるくるでもして外に出ないようにしましょう。
押し込め押し込め。
くるくる


そんで羽付けたらもう完成なのです。

でも暇だったので百均のなんかそれっぽいレーステープを
ルカのカチューシャっぽく貼りつけました。まぁこれも安っぽく見える!
きらびやか過ぎだわ



そんな感じで終了ですが、あとは自分で完成品を見ながら
微調整したりしてください。
微調整が終わったら完成です。

かんせい!


こんな拙い講座と言えるかどうか分からないような記事でしたが
今回で終了ということで。

こんなのよりもっともっと良いブログや動画があるのでそちらのほうが
参考になるとは思うのですがこれからmagnetのヘッドホンとかを
作ってみたいって人に少しでも参考になれば幸いです。
magnetヘッドホンに興味がないって人にも暇つぶし程度になってれば尚更幸いw


ではでは、お疲れさまでしたー。







ランキング1日1回クリックよろしゅう。
CO*1 ] page top
DATE: 2010/10/22(金)   CATEGORY: 講座
⑨でもわかる(くらいに説明できたらいいなっていう)趣味的痛ヘッドホンの作り方講座 其の五
どーも、団扇でふぽうぇ。

さてさて、前回は羽を作り終わりました。
もうほぼ完成です。

今回はその他の部分を作っていきましょう。
羽は完成してほっほーいな気分かもしれませんが
ヘッドホンに付けとかないほうが作業は楽です←

じゃーまず簡単なところでヘッドホンのサイドに
模様のシールを貼っていきましょう。
ここね2010100300190002.jpg


このヘッドホンさんはサイドにテクニカさんのロゴがあったので
ヤスリでガリガリと削っていきました。
この作業はやらなくてもいいのかもしれませんがロゴとかが浮き上がってるので
当然シールも平らには貼れないので削って平らにしていきました。
ヤスリはあたい爪用の安いのでやったんだけどまぁ削れれば何でもいいですね。
ここらへんは写真とかないのよね、ごめんね。

削れたら印刷しておいた模様シールを切り取って貼っていきます。
これは結構目立つので綺麗に貼れるといいね、ゆっくり貼っていきましょう。


そんで次はピンクのあれね。アレ

これは本当、これが完成度をさらに下げてるとしか思えないので
他の方法が思いつく人は他の方法で作ったほうが断然いいと思うの(´Д`;)
前も言ったけどラインストーンとかのが綺麗かもしれない。

まぁどうしても方法が思いつかない人は最終手段でこの方法ですね。

ヘッドホンの外周に合わせて滑り止めシートを切っていきます。
これは結構目分量でも調節は可能なんでテキトーに。
コードが出る部分のところは切り込んで開けておきましょう。
コード
こんな形に。もう貼りつけちゃってますが…

そんでそのあと絵具でベタベタと塗っていきます。
もう絵具に突っ込んじゃってもいいんじゃないかしらw

でもこのタイプの滑り止めシートは絵具が乾くと
なんか見た目ポロポロします(´、ゝ`)プッ
乾くまでは暇なので次の工程でもやっててもらいましょうか。
でも次の工程はこの次の更新で載せるっていうね\(^o^)/
乾いたらヘッドホンに貼っていきましょう。

あ、ちなみに上部の滑り止めシートはシートをさらに半分の厚さに切りました。
これも結構大変
なんかそのままの厚みだと浮いちゃう感じがしてね…
しかしこれ、上下逆に写っとる。
そんでさらに上部はなんかうまく貼れなかったので真ん中で二分割してあります(´Д`;)
ちなみに貼るのは両面テープで十分くっつきます。


さてさて、残すはほんの少しなんだけど引き延ばしてまた今度。



さぁーて、続きはコメ返しー









ランキング1日1回クリックよろしゅう。
つづきを表示
CO*0 ] page top
DATE: 2010/10/15(金)   CATEGORY: 講座
⑨でもわかる(くらいに説明できたらいいなっていう)趣味的痛ヘッドホンの作り方講座 其の四
どーも、団扇だほづち。

さて、前回は黒ファイルをプラ板に貼りました。
今回はヘッドホンとの接続部分を作っていきましょう。
これはもちろん最初のプラ板切りだすところでうまく設計されてれば要らない
作業なんだけどあたいがそういうことできないから後付けになるのよね(^ω^;)


ってことでまぁ作りましょう。
まずはヘッドホンのクッション部分とのスキマのサイズを測ります。
ゆかりんが出てきそうね

これまた面倒ここね。

結構厚みのある定規だとこのスキマに入らなかったりするのでメジャーのがいいかも。
立てて入れて測ってみましょう。このヘッドホンは7㎜くらいだったかしら…?
あとヘッドホンの直径も。
あらま
なんか左端切れちゃってますがヘッドホンのこの端から端までを
測っといてくださいねー。



測ったらプラ板にヘッドホンの直径より若干大きめのサイズで
コンパスカッターをセットして円を描きましょう。
直径からちょっと出しておかないとサイズの確認するときに取れなくなりますw
このコンパスカッターではプラ板を綺麗に切り取ることは
相当頑張らないと不可能なのである程度切り込みを入れるだけでいいです。

そのあと中心点をずらさずにヘッドホンの直径からスキマの直径を引いた数値で
コンパスカッターをセットして切り込みます。
こっちの場合は大きめに切っちゃうとヘッドホン付けたときに
羽がガバガバで固定されずに下がっちゃうので、かといって
小さすぎると入らないので測定値で切ればいいんじゃないかな?かな?
こっちも切り込みを入れればOKです。


理想は内側の円はかっちり、小さいくらいにキツめで
外側の円はヘッドホンの直径からはちょっと出る感じですな。

そしたらはさみさん登場です。
こんな感じになってると思うので
これまたテキトーで…;
切り込みに沿ってはさみで切っていきましょう。

内側を切るときは普通に横からはさみ入れちゃっていいです。
切り終わったらこんな感じに。
視力検査


そんでこれを1回ヘッドホンにはめてみましょう。
どうでしょうか?
綺麗にはまったか、大きすぎか、小さすぎか…
微調整しながら合わせていってみてください。
はさみで内側の円を切っていくのはなかなか大変ですが、
まぁ接続部分はそこまで綺麗に作らなくても←

そしてまぁなんとか無事に合ったら直径から出た部分が気になってしまったので
油性ペンでプラ板を塗りましたとさ。
気にならなければ塗る必要は皆無です(´∀`)


そしたら羽とプラ板をホチキスで留めましょう。わたしの恋はホッチキス!
なるべくプラ板真ん中で留めてね。こんな感じで

多分割れることはない…ハズ…
そしたらヘッドホンにはめてみてね!
これが2個できたら8割完成でいいよ!


そんじゃ今回はこの辺でー。







ランキング1日1回クリックよろしゅう。
CO*1 ] page top
DATE: 2010/10/10(日)   CATEGORY: 講座
⑨でもわかる(くらいに説明できたらいいなっていう)趣味的痛ヘッドホンの作り方講座 其の三
どーも、団扇でさをぬ。

さて、前回黒ファイルで羽の黒いとこを作りました。
今回はこれを貼りつけます。

自分は両面テープを黒ファイルの外側に合わせて細く切って
ちまちまと貼りつけていったのでこれが一番辛い作業でした^q^
こんな感じね。手抜きでサーセンw


なんか真ん中の細かい線はちゃんと貼りつけなくても
周りが貼り付いてれば意外と大丈夫でした。
気になる人は全部貼ってもいいんじゃないかな。
細かすぎて死にそうだけども…

ちなみにこの黒ファイルにはテカってる面とそうじゃない面
(なんかざらついた感じ?)があったのでどっちの面を表に見せるかを
考えといてくださいねー。
自分はテカってる面を見えるようにしたかったので
そうじゃない面にテープを貼ってきました。

両面テープじゃなくてもテープのりとかでもいいかもしれないね。
ちゃんと貼りつくかはやったことないので
貼りつかなくても責任は取れないんだけどもw


そんでテキトーに色付けたプラ板に貼りつけます。
プラ板は四角いままで黒ファイルをぺたりと貼ってからプラ板を切ってもいいし、
プラ板も羽の形に切っておいてから黒ファイルをゆっくりと
貼りつけていってもいいです。
要するに好きなようにプラ板に貼って
最終的にプラ板も羽の形になってりゃいいんです←
ちなみに0.4㎜くらいのプラ板だったらハサミで余裕で切れます。

黒ファイル貼るのはスプレーしたざらついた面じゃなくてスプレーしてない
つるつるの面に貼っとくといいかも。
いや、ただあたいがそうしただけなんですがw
だってなんかスプレーした面に貼れるかもわからないし
もし失敗して剥がした時にスプレーの色も一緒に剥がれそうじゃない…!
そんな理由でマスキングテープ貼るときもスプレーしてない面に貼ってます;

あ、貼るときは空気とか入らないように注意してゆっくり貼っていってね!

そんで裏面だけを油性ペンで塗るって人は少し透かしながら
黒ファイルの模様に合わせて塗っていくといいよ。
少しならまだいいけど、盛大にはみ出してると
ピンクの部分から黒く透けて見えます、マジで。
だから塗る人は注意しながら塗ってね。



今回はなんかこの辛い作業を思い出してきたのでこの辺で終わります(´Д`;)








ランキング1日1回クリックよろしゅう。
CO*0 ] page top
DATE: 2010/10/08(金)   CATEGORY: 講座
⑨でもわかる(くらいに説明できたらいいなっていう)趣味的痛ヘッドホンの作り方講座 其の二
どーも、団扇だきゅら。

わざわざ学校行ったのに熱あるから帰れと言われたわ\(^o^)/


さて、前回は必要物品を載せたので作っていきましょう。
その前に準備か。

元絵をシールシートに印刷しておきましょう。サイズはお好み。
自分で描く場合は頑張って。
ちなみにこの羽はB5位(だったかな?)のサイズで作りました。
この時羽の形なんだけどこう、先をヘッドホンのサイズに合わせて
丸くしとくのが出来れば理想的。
羽だけ
出来なくても後で付けられるからあんまり問題はないけどね;


次にプラ板に色を付けときましょう。
シールでいいって人はこのプラ板に色を付けずに印刷したシールを
プラ板に貼って終わり。

プラ板とスプレーを持って外とかで、周りを汚してもいいようなところで
作業しましょ。新聞紙とか敷いとくと尚よしかも。

プラ板に色を付ける際は片面だけで十分です。
スプレーの成分付いて若干ザラつくし。
まぁそれがいいって人は両面やってもいいんだろうけども…
スプレー缶の説明書通りにちょっと離れて吹き付けましょう。
多少ムラがあっても羽にしちゃうと意外と目立たないから
テキトーにやればいいんじゃないかしら。

光に当ててみて薄すぎなければ乾かして準備完了で。



そんな感じで前準備はOKかな。

そしたらまずは一番面倒な羽から作っちゃおうかね。
油性ペンで模様を描くって人は色付けたプラ板に模様描いたら終わりです。

黒ファイル使うって人は印刷した羽画像を黒いクリアファイルに貼りましょう。
ずれないようにピッタリとね。この時は確かマスキングテープで貼りますた。
黒ファイルに貼る気力がないので紙だけで説明になるけどサーセン。

こんな感じで黒ファイルにピッタリと貼りつけたとします。
黄色はテープだと思ってね;
黄色はマスキングテープのつもりw

そしたらピンクの部分を黒ファイルとともに切っていきましょう。
これがまた面倒
この赤で囲ったように切っていってピンクの部分を全部切り抜きます。

ちなみにこれ、この講座用だから分かりやすくA4サイズのでやってるけど
実際のヘッドホン用はB5だかA6くらいのサイズなので
まぁ準備で印刷してたから心配ないとは思うけどサイズは間違えないようにね。

あたいが面倒くさいので切りませんがこんな感じで切っていってくださいねー。


ピンクの部分を切り抜き終わったら最後にはさみで羽の形に切りましょう。
サーセン
大雑把すぎる画像でサーセンw
赤枠で囲ったように黒ファイルごと切っちゃいましょう。
多分テープで貼れてないところだから切ってるとずれちゃうと思うので
しっかり支えてずれないように注意しながら切りませう。

これをもう1回繰り返して2枚切ったら次の工程へ。
羽の両面黒ファイルにしたいって人はこの黒ファイルを4枚作っときましょう。



そんな感じで黒ファイルが完成したところでまた次回。



続きは本家拍手のお返事ねー







ランキング1日1回クリックよろしゅう。
つづきを表示
CO*0 ] page top
DATE: 2010/10/03(日)   CATEGORY: 講座
⑨でもわかる(くらいに説明できたらいいなっていう)趣味的痛ヘッドホンの作り方講座 其の一

どーも、団扇でひかうに。

さてさて、やはり検索で多かったので作ってみたよmagnetヘッドホンエセ講座。
以前の消しハン講座みたいに事細かに説明してくよw
失敗とかなんか被害があっても責任取らないのでよろしくヽ(´ー`)ノ

実習中なのに何やってんだろ…

ちなみにエセなのはあくまで趣味的、つまり機能性重視、
日常生活で使うつもりで大して忠実に再現してないからです^q^

コスプレとかで忠実じゃないと困るって人は
もっともっといい作り方がある動画とかサイト探してくださいね。

自分も色んなサイトやら動画やら見させてもらって割と試行錯誤しながら
テキトーにやったんでみんなも他のとこ見たほうがいいと思うな…


正直メイキング作るとは思ってなかったから作業過程は写真とか撮ってないので
作業過程を再現したような写真とかになっちゃいますが勘弁してくらはい。

完成品はこんな感じ→♪ 引き寄せて マグネットのように になってしまいますが
あくまでも参考程度にとか全然気にしませんって人はどーぞ。



さて、前置きが長くなりましたが本題。
あたいが作ったのは羽はミクの色で形とか細かいとこはルカっぽくという
何とも中途半端なんですが色とかは自分で好きなように変えてね。
(まぁ形は機能重視なんでルカになるのは仕方ない…かも)


必要物品

ひつようぶっぴんそのいち  ひつようぶっぴんそのに



1:ヘッドホン
2:プラ板
3:クリアファイル(黒)
4:羽・模様の元絵
5:スプレー(画像なし)
6:シールシート
7:滑り止めシート
8:両面テープ
9:黒い油性ペン(画像なし)
10:デザインナイフ(カッターでも可)
11:はさみ
12:コンパスカッター
13:定規もしくはメジャー
14:絵の具
15:装飾用テープ
16:ヤスリ
17:ピンセット
18:針金(太めのと細いの)
19:ニッパー(画像なし)
20:ホチキス(画像なし)
21:マスキングテープ
22:やる気(画像なし)
23:ジンベエザメ



くらいかな?
人によっては必要ないものもあるのでそれぞれ何に使うのか、用途を説明しまんもす。
画像ないのは近くになかったからごめんね。でも多分画像なしでも分かるかとw


ヘッドホン
言わずもがな、これを土台に作ります。
このヘッドホンは元々愛用してた物なんだがクッションとの間に
スキマがあるので羽を着脱式にしたい人にはもってこいだったみたいね。


プラ板
これが羽の土台になります。
羽の土台もクリアファイルとかでもいいんだろうけど強度が心配で…;
ステンドグラスみたいに透けるようにしたかったの。
大きさは自分が作りたい羽の大きさに合わせるといいよ。
百均でA4サイズ1枚(厚さ0.4mmくらい)が買えます^q^


クリアファイル
これは羽の縁取りの黒い模様になります。
これも百均で8枚一組だった。


羽・模様の元絵
これは自分で描いてもいいし、画像データ公開してくれてるありがたいサイトがあるので
そちらから拝借してもいいんじゃないでしょうか。個人で使用する範囲なら。
サイトで公開されてるデータ使うときはそのサイトの規約を守りませう。


スプレー
クリアファイルに色をつけるためのものです。百均で蛍光ピンクが売ってたもんで。
もし羽を色つきのファイルとかで作るなら必要ないです。


シールシート
ヘッドホンのあの丸い模様をこれに印刷して貼るのに使います。
父上の部屋からかっぱらってきたんだが防水チックなのね。多分高いな。
家にあったやつなのでこれはお金かかってないけど
さすがにこれは百均のでは心許ないかも;
羽を透けさせずにシールでも全然構わないって人はこれに羽も印刷して
プラ板に貼ればすぐ完成。でも多分完成度はさらに低くなるかも…


滑り止めシート
これはあの周りのピンクのになるんだけど正直これが完成度下げてる気がする…
いっそこれ使わずにラインストーンとか付けたほうが綺麗かもしれんね。


両面テープ
プラ板と黒ファイルを貼りつけるのに使います。
でも恐ろしく細かくなるからテープのりとかのが楽なのかなー?分からんけど←


黒い油性ペン(画像なし)
これは羽の裏面に黒ファイルを貼りつける気力がなかったので
「じゃあ描こう」ということで使っただけです。
あ、あと羽の接合部分を目立たなくするために使ったかな。
最初から黒ファイル使わないでペンで模様を描くという手も有りかも。


デザインナイフ(カッターでも可)
黒ファイルの細かいところの切り抜きに使います。
百均で買えるよ。カッターよりデザインナイフのが使いやすいと思う。
怪我には本当注意ね。


はさみ
大まかに切るとこがあるのでその時に使います。


コンパスカッター
これは接続部分を作るときに使います。
綺麗に丸く切り込みを入れられます。これも百均で買える。
なくてもいいけどあると結構便利。


定規もしくはメジャー
接続部分のサイズを測るときに使います。
大きさを正確に作りたいなら必須かも。


絵の具
あの滑り止めシートが黒かったので着色用に。
百均で耐水性で水が要らないタイプっつって売ってた。


装飾用テープ
あんまり意味ないけどルカ要素も入ってるヘッドホンだったので
カチューシャ的なところに貼るのに使っただけです。基本要らない^q^


ヤスリ
シールシートを貼るのに会社ロゴを削って平らにするのに使います。
あと羽の接合部分の切り口とかを気持ちなめらかにするのにも使ったかも。


ピンセット
黒ファイルの細かいところを切ったりするのに抑えたり剥がしたりするのに使います。
別になくてもいいけどあったら便利。百均で買っとくといいよw


針金(太めのと細いの)
なんかヘッドホンについてるアレになります←
太めのは銀で、細めのはミクっぽくしたかったから緑がほしかったんだけど
なかったからピンクになりました\(^o^)/


ニッパー(画像なし)
針金切るのに使います。


ホチキス(画像なし)
羽との接合部分を止めるのに使います。
元々設計ができる人とかは要らないかも。


マスキングテープ
これは羽を切るときとかに元絵を貼っておくのに使います。
あると楽です、ずれにくいし綺麗に剥がれるし。百均で売ってます。


やる気(画像なし)
これがないと始められないもの。
面倒くさいけどやりはじめたら持ち続けてください。


ジンベエザメ
恒例の作業を見守っていてくれる愛おしい存在です。
みんなもこういう存在を見つけよう!



こんな感じですかね。
足りないのあったらサーセンw

ってことで今回はここまで。

次は需要あるのか知らんけどやりましょう。
分かりづらい所とかあったら遠慮なく言ってね!

続きはコメ返しー





ランキング1日1回クリックよろしゅう。
つづきを表示
CO*0 ] page top
Copyright © 犬の戯言. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。