犬の戯言
気ままに書いていきます自己満日記。できるだけ、絵、描くようにしてます…
DATE: 2008/03/01(土)   CATEGORY: ありがとう
大嫌いで大好きなのです

どーも、団扇でぇす。

今日は卒業式だったり。
だから結構長いので、嫌な人はすっとばしてね。
まずね、日記のカテゴリーで迷ったのですが、
結局スクールライフにはしませんでした。

まぁ、3月31日までは一応高校生ではあるので、
まだ高校生として、日記とかの方は書きますが。


まず、卒業式なんで親と一緒に学校に行くことにしていたのですが、
親が時間を勘違いしていて、危うく遅刻するところに(´、ゝ`)プッ


友達にも、「もう来ないかと思った」と言われる始末。

これは団扇への愛なのよ。


そういえばなんだか、朝に今年で終わる定時制の記念の石碑みたいなのが
立てられていたけど、しばらくしたら幕がかかってたから、
除幕式でもやるのかな、とか思っておりました。

で、まずは同窓会の入会式やって、一旦教室に戻り、
友達から誕プレもらったり、手紙とかももらって、しばらくして卒業式。

一番の問題は卒業証書授与の返事。
名前呼ばれて返事して立つという至って簡単な行動が、
全く持って自信が無い。
声が裏返ってめっさ高い声出しちゃったり、逆に声がガラガラに
なってしまわないかと言う恐ろしさ。







いざ、呼ばれてみるとそうでもありませんでした(´、ゝ`)プッ






その後はもうくだらなすぎて半分寝てました。

答辞とか、何言ってたか知りません(´、ゝ`)プッ

ちなみに、我が母校の中学校から祝電は来ませんでした(´、ゝ`)プッ

いくら団扇1人だからって。。。

でも、他の1人しか来てない中学校からは祝電、来てました(´、ゝ`)プッ


で、団扇の高校では、退場する時、担任が起立の合図を出して全員で起立したら、
担任に男子あたりが一言掛け声をしてから、クラス全員で
みんなでありがとうするのですよ。

閉会して、何だ、感動も何も無いヮとか思っていたら、
1組の人がありがとうして、担任が泣き出したとき、
思わずウルッときてしまいましたよ。。。


でも、泣かなかったけどね(´、ゝ`)プッ

そしていざ、我がクラス。

担任が担任なので、軽く吹きました(´、ゝ`)プッ



で、その後、各々が持参したカメラでクラスのみなさんと
最後の写真撮影。
かわいい2年の後輩がほぼクラス全員という
たくさんのカメラで何回も撮ってくれました。

で、その後、バラけて他のクラスの人々達とも写真を。


部活のほう行っちゃったり、帰っちゃったり、打ち上げ行ったりで、
あんまり写真撮れませんし、アルバムの寄せ書きもあまりしてもらえず…orz

ちなみに、クラスの打ち上げにも行けませんでした。

だって、遠いんだもの。

ただでさえ学校から遠い打ち上げ場所なのに、学区外の団扇はもっと遠い。
でも、その分、行く人も割りと少ないみたいだけど。

まぁ、そんな訳で帰るのも早いかなぁと思っていたら、
文芸部のほうでお菓子を用意しているとの事。

団扇は1年の時はバスの都合上、部活に入れなかったのですが、
暇な時、たまに文芸部の部室にいたりしてたんで、
遠慮なく行きましたよ(オイ

で、文芸部でお菓子食べたり遊んだりして、
2時になったので親も待たせてたので帰ることにしました(´、ゝ`)プッ

帰りに、大事なカメラを忘れそうになるという危険なこともありましたが。



母上殿は大分待ってらっしゃいました。申し訳ない。。。



と、そんなわけで我が我がハイスクールライフは幕を閉じたのです。


あ、そういえば石碑の除幕式、結局やってないな(´、ゝ`)プッ



思えば、同じ中学から同じ高校に一緒に行く人はいなくて、
全然知り合いもいなくて、最初はあんまり友達もできなくて、
他の子が部活とかでいない時、1回お弁当も1人だけで食べたこともあったり、
朝のバスは1本、しかも土日運休で帰りのバスもほとんどなく、
数学は人生初の成績2を取ったりで、学校に行くのが嫌で嫌で。

せっかく原チャの免許取ってバスに困らなくなっても、
友達ができてきても遊ぶ場所もなくて、
休日遊ぶのにも、学区外だし、遠いし、何よりみんな住んでる場所もバラバラで、
それこそ皆で集まれる中心地は遊ぶ場所もない学校周辺だけで。

でも、いつのまにか友達が増えて、授業は分からなくても、
友達と放課後や休日に遊べなくても、学校が楽しくなって、
口では学校へ行くのが嫌だ嫌だ言ってたけど、
本当は学校へ行くのが大好きになっていたと思う。

最初はあんなにくだらないと思っていた学校行事も、
いつのまにかクラスの皆と楽しめるようになれたり。

そう思えるようになったと思ったらすぐに卒業。
こんなに楽しいんだったら、もっと早くから楽しんでいればよかったよ。

このたった数時間の式が終わってバイバイしたら、
もう一生逢うことはない人もいるわけで。
話したことがない人だっていっぱいいるし、嫌いな人だっているし、
それでも3年間同級生としてやっていたわけです。
それは同級生だけじゃなく、先生方々にも言えるけど。

学食も結局1度も食べないで終わっちゃって、その後学校に来てた
お弁当屋さんや、パン屋さんのもそれほどたくさん食べたわけでもなく、
今まで毎日通ってきた道も、たまに寄り道したお店も、
もうあまり行く機会はなくなると思うけど。

でも、本当にこの3年間は、自分にとっては大きな3年間だと思うのです。
小、中学とは全く違う新しい環境の中で、こんなに頑張れたのです。
それもこれも、学校の皆さんにお世話になったから。
こんな顔だけでなく、性格まで全てが悪い自分を受け入れてくれた
みんなにお礼を言いたいです。
こんな誰にも教えてないブログ上で言っても意味はないけど、
これは自分の自己満足ということで。




最低の学校だけど、最高の学校でした。


ではでは、皆さん、3年間、本当にありがとう。

スポンサーサイト



CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 犬の戯言. all rights reserved. ページの先頭へ